糖尿病性腎症の宅配食はウェルネスダイニングがベストです!

「緩やかな糖尿病性腎症制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。毎食バランスを考えて摂り、ご飯を少なく摂ることが大事です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないと言うことです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分のこしましょう」と、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素の種類がバランスよくふくまれているかを考えて選ぶことが大切です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲さいされています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思うのですが、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、低血糖になることがありますから注意が必要でしょう。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてちょーだい。2型糖尿病性腎症や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。わたし立ちの体内で日常的に行なわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」に大きく左右されます。「体内時計」は、生活スタイルから影響をうけています。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることが出来るでしょう。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性がもたらす作用について研究する新しい分野です。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、多くふくまれている栄養素により、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量=80kcal(1単位)として掲さいしています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理の種類も豊富になります。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられる食品はたくさんあります。「食事療法」用に用意された献立がありますからはなく、食品にふくまれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを意識することが目的となります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病性腎症の患者さんへむけた絶対条件というものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。幾らしごとが忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてちょーだい。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。人は加齢と共にインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。その結果、血糖値の上昇へとつながります。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。始めに野菜から食べるといった食事法です。食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。糖尿病を大別すると、1型糖尿病性腎症・2型糖尿病性腎症・その他の糖尿病となります。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。始めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、その通り状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。2型糖尿病性腎症は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活の改善なくして治療は行えません。糖尿病性腎症性の合併症につながらないよう体重や血糖を適正に保つ、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病性腎症』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。正式に糖尿病性腎症と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。しかし、糖尿病性腎症の境界型になると、病状が顕著になり始めます。たとえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌量の変化は、糖尿病性腎症にとって最も顕れやすい症状です。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがうまくはたらかなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病性腎症発症後は治療の目的として、生涯にわたり血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康な人と同様に活動的な日常生活や実り多き時間を過ごすことです。いろんな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病性腎症の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。
あわせて読むとおすすめ⇒糖尿病性腎症 食事 宅配