クレアギニンEX」タグアーカイブ

クレアギニンEXはノコギリヤシとペポカボチャのサプリです

腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。ノコギリヤシ摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「クレアギニンEX」が市販されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてください。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療はもちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、クレアギニンEXの使用が要となりますから、クレアギニンEXの紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のペポカボチャ食塩を摂っているのかを調べます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、ペポカボチャ食塩の摂取量を把握します。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で様々な工夫について知ることができます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が無数に存在するのです。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど必要不可欠な働きをしています。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経てじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の回復が見込めます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓病は遺伝性の腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、日常的に規則正しい生活を続けることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。例えば、いつもとは違う尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムが含まれています。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、これまでの透析療法や移植とは別にさらに治療法の選択肢が増えているため、各々の条件に適した治療を選ぶことが期待できます。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒クレアギニンEX