介護食の宅配専門ランキング

介護食女性

食べる力は加齢や病気によって衰えます。宅配介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、骨格筋の動きの良さを保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としておすすめできるのが卵と豆腐ですので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態につながるとされています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんなときは、身近にある食品をプラスして、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。お腹が空いたとあまり感じられないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆはごはんより水分が多いので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食欲は失われてしまいます。無理なく口に運べるか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に作り変えます。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それを元に調理師が調理したものを出していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。老人ホームによっては、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、美味しく食べられる調理法を教えてくれる老人ホームもあります。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。高齢の患者さんの食事が進まなかったのは噛めないのではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるごはんは出さないと心に誓いました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、ケアをする側の負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとかなり助けになります。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさやうまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護をする側もされる側も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。